高槻で整体なら「高槻整骨院」

皆さん、年々夏の暑さが増しています。去年はどう過ごされましたか?暑さに負けて動けなくなった方いらっしゃいませんか?毎日熱中症で何人病院に運ばれましたとニュースや報道で取り上げられるぐらい困る方が多いみたいです。ここに来られる利用者さんの中にも去年は熱中症で病院に運び込まれた方が少なからずいます。そうならないように気を付けたいです。

そこで、今の内から出来ることを行い、真夏に備えたいと思います。

①一日の水分摂取量を1.5リットル目標に飲む。

これはとても大事ですが、普段から少ない方は急に飲もうとしても飲めません。これは脱水症状を防ぐ為にもなりますが、筋肉や身体の動きにも大切な事です。コーヒーやアルコールを飲まれても、それとは別でお茶やお水を補いましょう。一回の飲む量を増やすよりも、少なくても飲む回数が多い方が体に吸収します。

②適度な運動を心掛ける。

やはり体力が無いと夏は疲れます。筋力の低下を防ぐためにも、真夏になってから運動を始めるよりか、まだ涼しい今から行う方が続けやすくなります。

➂疲労を溜めない。

使った体をいち早く休めるには、使ったあとの手入れが大切です。運動の前の準備体操よりも、使った後の柔軟体操やストレッチを行う。これは運動する人だけではなく、皆さん行ってほしいです。そして夜更かしをせずに早く休むことです。

 

私は夏になる前にしっかりと体を作りたいと思います。皆さんも一緒にどうでしょうか?

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP