高槻で整体なら「高槻整骨院」

みなさんおはようございます!今日はしっぷについてのお話をしていきたいと思います。みなさんも人生で一度ぐらいは使ったことがあるのではないでしょうか。捻挫をした時や突き指をしてしまった時、筋肉痛や使い過ぎた次の日などなど色々な場面があったと思います。中には肩こりや慢性の腰痛などに使われる方も少なくありません。しかし、これらは適切に使われないとあまり効能を発揮できないものでもあります。たとえば温湿布と冷シップがありますよね。肩がこったな。。。と思った時にはどちらを使いますか?もちろんどちらでも効果はあります。しかしこの場合どちらかというと温湿布のほうがより良いと言われています。トウガラシの成分カプサイシンなどが含まれており血行促進が期待できるからです。対して冷シップはメントールやハッカ油などが含まれており、筋肉痛や急性期の抗炎症や鎮痛などにより良いとされています。

そしていわゆる第二世代と呼ばれるものにはインドメタシンやフェルビナク、イブプロフェンなどが含まれており、これらは強力な消炎鎮痛剤であり適切なものに使えば非常に効果が高いとされています。

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP