高槻で整体なら「高槻整骨院」

皆さん、こんにちは!週末は雨続きでジメジメしていましたね。でも、少し涼しくなったような気がしますが気のせいでしょうか?(笑)暑すぎず、寒すぎずが一番気持ちがいいですね!

さて、今日は『すり足になっていませんか?』という事なのですが、皆さんはどうですか?毎日しっかり足を上げて歩いていますか?すり足になってしまう原因は日常の癖もありますが、根本は足の筋力低下により、つま先が上がりにくい状態になってしまう事なのです。こういったものはご年配の人に多いのですが、最近は若年層でも多く見られます。自覚があまりないだけに厄介なんですよね。しかし、どの方にも共通するのが『何もない所で躓く』これがとても多いです。自宅でスリッパを履かれる人もなりやすいので要注意ですね。これの怖い所は、躓くだけならまだしも躓いて転倒することがある為、大怪我に繋がる事も少なくないんです。大抵の方は躓いても、咄嗟に片方の足が出て身体を支えれるかもしれませんが、足の筋力が落ちてしまっている人はこれが出来ずにそのまま転倒し手を突く、若しくはしりもちをついて骨折…なんて事もあります。大袈裟と思われるかもしれませんが実際に起こることです。すり足が癖付くと足元を見る癖も出来てしまい、どんどん背中も丸くなっていきます。まずは意識的に足を上げて歩くようにしてみましょう。地面から足の裏をしっかり離し同時につま先を上げて引っかからないようにし、目線は⒛~30m先を見るようにしてみてください。しっかり足を上げて歩き、健康な日常生活を送りましょう!

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP