高槻で整体なら「高槻整骨院」

皆さん、こんにちは!桜が満開になりましたね。桜並木の道を通っていると景色がとても綺麗で癒されますね。

今回はふくらはぎのむくみなどについてお話していきます。4月にもなり新しい環境になられた方もおられると思います。立ち仕事の人が座り仕事になったり、その反対の方もおられます。座りっぱなしの姿勢で仕事を続けていると、足の筋肉を使う頻度が減ってしまい筋肉の緊張により血液やリンパ液のめぐりが悪くなる事で、足がむくむ場合があります。筋肉量が少ない人は血液やリンパ液が足に溜まりやすくなります。体を酷使したわけでもないのに足が痛いと感じる人は、体を動かしていない事こそが大きな原因かもしれません。職場が寒い、ダイエットをしているという場合、体の冷えや筋肉量の減少が足のむくみや疲れを悪化させている恐れがあります。筋肉が冷えると緊張してしまうので血行が悪くなってしまいます。また、筋肉には血液やリンパ液を送るポンプの機能のほかに、熱を生み出す働きがありますので、筋肉量が減少してしまうと冷えやすくなります。座りっぱなしの仕事をしていると離席する機会が極端に少ないのでその少ない離席の時にしっかり足を動かしてあげましょう。歩く際に大きな歩幅でキビキビと、小さな歩幅よりも足裏全体を使って歩くので冷えの防止になります。

足を動かす頻度を増やす事や一回一回の行動に意味を付けながら動かしてあげて下さい。

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP