高槻で整体なら「高槻整骨院」

タイトルを見て、「タンパク質」というフレーズに惹かれたあなたは一度、自分の食事を見直してみましょう。タンパク質は人間の身体を生成するうえで必要な主となる成分です。一日の摂取目安は体重×1gとされております。また、日頃からトレーニングなど激しく身体を動かす習慣のある方は体重×2gとなります。タンパク質を上手に摂取していると身体の調子は良くなり、今あなたが怪我をしている部分も回復が早くなります。以下に上手にタンパク質を摂取する方法をまとめておいたのでご覧ください。

 

1、タンパク質を多く含む食品

タンパク質を多く含む食品は色々とありますが、主なものは鶏むね肉・ささみ・赤身の魚・大豆製品などです。飲み物では牛乳や豆乳が一番多く含みます。意外と知られていないのがローソンのブランパンシリーズです!パンですが、低糖質でたんぱく質も多く含みます。

 

2、2つのタンパク質。植物性と動物性

動物性タンパク質と植物性タンパク質の2つがありますが、体を丈夫にしたい・大きくしたい人は動物性を、体をスマートに引き締めたいな人は植物性を選んでください。

 

3、タンパク質の摂取にへ限界がある

タンパク質はただ多くとればいいというものではありません。摂り過ぎは腎臓などに負担をかけるのであくまでも体重×1~2gの間で摂取してください。

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP