高槻で整体なら「高槻整骨院」

皆さん、こんにちは! 最近は雨が増え、冷えたり暖かくなったりと寒暖差がありますね。特に冷えたという日はありませんが、寒暖差がありますので寒いと感じてしまいます。

今回はテーピングについてお話していきます。テーピングとは、ケガの予防、再発予防、応急処置のためにテープ等によって、主に関節を補助するものです。テーピングは、ガチガチに固めるギプスとは違い、運動に支障がない範囲で関節や筋肉の動きを制限する事で部位の機能のサポートをします。よくテーピングをする方はスポーツをしている方と思われがちなのですが、そうではなく日常生活の中で動かしにくい筋肉に貼る事も出来ます。スポーツ時には種目によりますがケガをしやすい部位にあらかじめ貼っておくと、ケガの予防になります。一度、ケガをした部位などに貼ってあげると再発予防になります。テーピングには二つの種類があり、非伸縮性と伸縮性があります。非伸縮性は固定力が強く患部の圧迫などケガの治りを早くする為に役立ちます。伸縮性は、痛みが軽度な場合や完全に固定してしまっては動きにくい競技や状況に効果があります。日常生活の中で突然、腰が痛くなって動きにくくなった時などに貼ると筋肉の補助をしてくれるので動かしやすくなります。

皆さんも動かしにくい筋肉、少し動かすと痛みが出る場合などに貼ってみて下さい。

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP