高槻で整体なら「高槻整骨院」

人間には回復力というものがあります。日中の負担や疲労によって私たちの負担はどんどん 蓄積されて いきます。それが限界、許容量を超えた時に痛みとなって私たちの身体に現れます。私たちの回復は主に就寝時に起こります。一日活動した身体の疲れも、勉強して得た知識の整理なども寝ている間にすべて行われます。つまり、就寝時の異常は回復力の低下とみなして改善していかなければいけません。本日は就寝時に見られる回復力の低下をこの記事でご紹介します。

 

1、目覚めが悪い

目覚めが悪いと言うのは回復が不十分なので起きるのに相当な負担が身体にかかります。就寝時間に余裕をもって十分な回復に努めてください。

 

2、二度寝

二度寝は本来であれば十分回復しているにもかかわらず、まだ体が回復を要求している状態なので体の回復力の低下が考えられます。お風呂にゆっくり入ったり、ストレッチなどをして寝ましょう!

 

3、夢を見る

夢を見ている状態は睡眠中に頭が覚醒しているので寝てても実際は寝れていません。疲れが取れない、回復力が低下する原因です。寝る前にスマホやPCなどを使い過ぎると頭が覚醒して夢を見やすくなります。

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP