高槻で整体なら「高槻整骨院」

皆さん、こんにちは!今回は『体感温度』について説明していきますね。体感温度とは、言葉の通り『身体が感じる温度』です。もう少し詳しく言うと、その時の条件下で感じる寒さや暑さの度合いになります。同じ気温でも、風の有無や湿度の違いにより暑く感じる事があったり、涼しく感じる事があるということです。

例えば想像してみて下さい。真夏の炎天下、気温が30℃を超えた時、湿度が高いと蒸し暑く体感温度は30℃を軽く超えてきます。逆に、湿度が低くて風があった場合だとカラッとしていて涼しく、体感温度は30℃を下回るでしょう。皆さんもこういったシチュエーションは経験されていることと思います。ちなみに、風速が1m/秒増えるごとに体感温度は1℃下がると言われています。普段そこまで細かく意識する事はないとは思いますが、『寒く感じる』『暑く感じる』それだけで身体に力が入ってしまったり、負担は常にかかり続けます。この冬の時期は、当たり前ですが寒いです。首元は特に体感温度が変わりやすい部分になる為、冷たい風が首元に当たると、体は寒く感じて肩に力が入り、首から肩、そして背中などに緊張が強く出やすくなります。

上着を着たりと寒さ対策はされているかと思いますが、特に首周りは冷やさないようにしておきましょう。そうして、身体へかかる負担を出来る限り減らしていきましょう!

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP