高槻で整体なら「高槻整骨院」

こんにちは!寒くなったり暖かくなったり・・寒暖差もあり体調も崩しやすい時期ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?身体暖められていますか??私は冷え性ではない‥という方も要注意!体の深部体温は、意外と冷えています!!!!体表体温と深部体温は少し違うのです。体表温度は、一般的に腋窩(わき)などに体温計を挟んで計る温度です。これは、外気温に左右されやすく温めようと思えばストーブなどでもしっかり暖められます。しかし、もっと大事なのが深部体温です。身体の深い所の温度なのですが、これは気温などに関係なく常に一定でないと駄目な体温です。基本的には37°程度の温度で維持されています。しかしこの深部体温は、筋肉の緊張や背骨の歪みなどから起こる自律神経失調症などによって下がってきます。これは、生命活動に関わります。内臓の調子が悪くなったり免疫力が低下していったり、体表温度も下がってきます。これを防ぐ為に、深部体温は、維持していかないといけないのです!深部体温を維持する方法として、①筋肉や背骨などの施術をしてコンディションを良くする。②38°くらいのお湯にゆっくり浸かる③運動をして血流を良くする。などなど色々な方法があります。他にも機会を使って深部体温を上げる方法も良いでしょう。もしこういった冷えや自律神経の乱れなどでお悩みの方などはいつでもご相談くださいね。

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP