高槻で整体なら「高槻整骨院」

皆さんこんにちは♪2月も残り少なくなってきましたがまだまだ寒い日が続きますね!寒さだけでなく少しずつ花粉の影響を受けている方もおられるのではないでしょうか?くしゃみをして体を痛める可能性もあるので体調には気を付けていきましょう☆

皆さんの中で食べ過ぎや飲み過ぎた後に体が痛んだ経験はありますか?実は食べ過ぎや飲み過ぎで内臓に過度な負荷がかかると神経の影響でその神経に対応する筋肉が緊張してしまう現象が起きます。このことは内臓対壁反射と呼ばれます。この現象が食べ過ぎや飲み過ぎた後に体が痛む正体です。この内臓対壁反射が原因で筋肉の緊張が起きると筋肉によって背骨や骨盤に歪みが起きます。そして歪んだ背骨や骨盤の影響でさらに内臓へ負荷がかかってしまいまた内臓対壁反射が起きるという負のスパイラルになってしまいます。こういった状態を避けるためにも普段から暴飲暴食には気を付ける、冷たい食べ物や飲み物の摂り過ぎには気を付けていきましょう。もしこの内臓対壁反射が原因で体の痛みが起きていると感じた方はまず安静にして体を温めて神経の興奮状態を抑えるようにしてください。何度も起きてしまう方はすでに背骨、骨盤が歪んで痛んでいる可能性があるので早めにご相談くださいね♪

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP