高槻で整体なら「高槻整骨院」

皆さんこんにちは!すっかり気温も下がり紅葉の季節になりましたね。体調崩したりされていませんか?今日はこの季節に多い喉の痛みについてお話していきます。

「喉が痛くて食事も水分も取れない」「喉の痛みで夜も眠れない」などといった症状が多く見られます。そもそもなぜ喉が痛くなるのか。喉は食べ物や飲み物、空気の通り道の為、外的の進入を防ぐ機能が備わっています。そのため喉は粘膜でおおわれていますが、ウイルスや細菌によって傷がつくと、防御反応によって炎症が起こります。炎症が起きた部位は赤くなり、熱をもち、腫れあがり、痛みを感じるのです。外敵によって攻撃された細胞は、化学物質を放出します。化学物質は外敵と闘うために白血球を集めるために血管を広げます。すると血液量が増え、毛細血管から血液成分が出て、リンパ液とともに溜まります。これが腫れです。この腫脹が周りの神経を刺激し痛みが起きてしまうのです。そんなときにタバコやアルコール、喉を強く刺激するものを摂取すると症状は悪化してしまいます。マスクを着用し加湿することで喉に潤いを与えたり、イソジンでうがいすることで喉の粘膜についた菌を殺菌することができます。日頃から手洗いうがいをこまめに行い、体調管理には気を付けましょう。

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP