高槻で整体なら「高槻整骨院」

 

皆さんこんにちは。施術に来られる人の中に足先を見ると外反母趾になっている人が多いように思います。特に姿勢が悪くなり猫背の方は割合が多いです。では、どう関係があるのでしょうか?

外反母趾は数日でなるものではありません。長い年月を経て少しずつ変形するのです。始まりは赤ちゃんの時にどれだけ指を使って歩く練習をしていたか。今の時代はファーストシューズがあります。悪いわけではありませんが、多用してしまうと足先を使わなくても歩けてしまうのです。次に子供のころに外で遊ぶ習慣が少なくなっている事です。ニュースで事件を聞くと遊べなくなってしまいます。今は小学生で外反母趾、偏平足、巻き爪の子供が普通にいます。

指先に力が入りにくくなると、身体の重心が踵に移りバランスを補おうとして背中を自然に丸め込むのです。これが猫背の始まりです。重心の位置が不安定になってしまうと、色々な所の筋肉が緊張し背骨を引っ張り痛みがでる悪循環になります。

当院ではまず背骨をもとの真っすぐな状態に戻すことをします。背骨が真っすぐになると両足に均等に体重が乗るようになります。また筋肉も施術を行うことで柔軟に筋肉が動くようになるので、足先に力が入りやすくなります。姿勢を変えると重心も変わります。指先に力が入ると外反母趾の痛みが変わります。痛みで困る前にお越しください。

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP