高槻で整体なら「高槻整骨院」

皆さん、こんにちは!週末は冷え込みが増すみたいなので、皆さん寒さには気を付けてくださいね。週末はスポーツなど運動をされる方は準備体操や運動後のストレッチを欠かさず行って下さい。怪我の防止や疲労を溜め込むことが少なくなります。

今回は太ももの筋肉についてお話していきます。太ももの筋肉は人体の中で最も大きく、損傷をしやすい大腿四頭筋という筋肉です。大腿四頭筋は膝を伸ばす筋肉になります。この筋肉は大腿直筋、外側広筋、中間広筋、内側広筋の4つから構成されています。この筋肉は主にジャンプの動作、飛ぶ、着地する時などの膝を伸ばす役割を担っています。大腿直筋だけは股関節と膝関節の2つの関節をまたがっている事から、スポーツ競技中に急激なストップとスタートを行う、ランニング動作を必要とするスポーツを行う際に怪我をしやすいです。例えば、サッカー、バスケットボール、バレーボールなどのスポーツがよく起こりやすいです。スポーツでも損傷は急に起こる場合と、小さな負担が繰り返されることで起きてしまう場合があります。痛みなどの損傷が起きたら、まずRICE処置です。損傷した場所を安静にして冷やし、圧迫しながら挙上してあげてください。痛みが強い場合は処置をしたまま病院などに行くようにして下さい。スポーツをしている方は長期の安静が難しいため損傷を繰り返してしまう場合がありますので、再発には要注意です。

スポーツでも怪我は癖になりやすい場合もありますので根気強くケアを続けていきましょう。

 

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP