高槻で整体なら「高槻整骨院」

今回は寒暖差による身体の負担についてお話していきますね。今年もいよいよ三月になりました。この時期になると春に向けて気温が少しずつ上昇してきますね。しかし、朝の早い時間や日没後には気温が著しく下がってしまうので一日の中での気温差も大きくなってしまっています。こうした気温の差が皆さんのお身体にも負担をもたらしてしまうこともあるのです。

まず、基本的には気温が高い方が血流も良くなるので体も温かく筋肉の動きも良くなっていきます。対象的に気温が低くなると血流と共に筋肉の動きも低下するのでどうしても身体の動きも悪くなってしまいます。いつも動きやすい状態ならば身体の状態も安定するのですが、一日の中でこうも温度の上下が激しくなると身体も一定の状態を保ちにくくなり、筋肉の動きの悪さから怪我をしやすくなってしまうかもしれません。

当院では、この筋肉の状態を身体の奥深くから緩めていき、気温の寒暖差に左右されない血流を確保するための施術を行っています。体の奥の方から動きを出しておくことで筋肉の動きを良くしておければ、筋肉が痛んで怪我をしてしまうことも減らしていくことが出来ます。この時期には本当に体を痛めてしまう方が増えてきてしまいます。怪我をする前に身体のメンテナンスをしっかりとして行きましょうね。

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP