高槻で整体なら「高槻整骨院」

皆さんこんにちは。今朝のニュースで京都の桜が満開だと言っていました。春を感じますが風はまだまだ冷たいですね。インフルエンザはほぼ大丈夫だと思いますが、油断せず手洗いうがいで体調管理には十分に気をつけましょう。

今日は身体の重心についてお話していきます。身体の重心というのは、骨盤から首までの直線の間にあります。人類は進化の過程で直立2足歩行というものを獲得しました。これは、地球環境の変化に適応することと、他の生物との生存競争に打ち勝つ為と考えられています。直立2足歩行が可能になった事によって手が自由になり、道具の使用や手作業が可能になり結果として脳が進化し知能を手にいれました。

成人男性の場合、平均的な重心位置の高さは床面から56%の位置にあり、4歳児の重心の位置は頭部が大きい分重心位置も高くなり、約57%のところにあるとされています。そのことから、成人男性のほうが重心の位置が床面に近いので安定しているということになります。確かに、幼児は転びやすく転倒してからの怪我につながることが多いです。反応が遅れて顔に傷を負ってしまうことも少なくありません。小さなお子さんのおられる方は手を離さないように極力注意してくださいね!

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP