高槻で整体なら「高槻整骨院」

皆さん、こんにちは! 梅雨が遅くなった為、梅雨明けも遅くなりましたね。皆さん突然降る雨には気を付けて下さいね。

今回は、正しい歩き方についてお話していきますね。正しい歩き方についての3つのポイントをご紹介します。①「お尻をまとめて、立つ」用は骨盤を立たせるという事です。歩く際は足だけでなく、全身を使うのでしっかり体幹を使いましょう。全体重を足にかけないイメージです。②「骨盤ごと前に運ぶイメージをする」動かすのは足ですが、骨盤ごと前に運ぶためにも股関節をしっかり動かしましょう。膝下だけで歩いている方が多いです。通称ベタベタ歩きと言われています。子の歩き方は、本来使うべき足の筋肉を使わない歩き方になっている為、ふくらはぎなどに無駄な筋肉がついたり、むくみが流れず脂肪に変わってしまい足が太くなってしまう原因になります。③「後ろ足の足指でしっかり地面を押す」膝をしっかり伸ばしたまま、後ろ足の足指で地面を押します。そうすると、自然と重心が前に移動します。歩くとは前足でなく、後ろ足で重心を前に進めていくことです。ドタドタと歩いている方は膝が曲がっています。行進のように地面を真上から踏みしめているのです。通称「スタンプ歩き」と言われています。膝の屈伸しながら、勢いよく前に進めていくと膝の軟骨が少しずつすり減ってしまいます。

一見簡単そうなポイントですがこれらを意識するだけで歩く際の疲労感や痛みは違ってきます。皆さんも参考にしてみて下さい。

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP