高槻で整体なら「高槻整骨院」

高槻整骨院では頭痛をはじめ、肩の痛みや腰痛で悩んでいる利用者様に多く通っていただいています。特に初診時は痛みや可動域障害などの症状が強く、生活をするのも大変、つらい状況になっています。その中でもよく聞くのが痛み止めを飲んで過ごしているという方です。それを聞くとさぞ、痛みで悩まれていて中々ゆっくりと休養が取れない状況だろうと思うと我々も何とかこの痛みを改善したいと思います。しかし、高槻整骨院では痛みの強い患者様が痛み止めを使って日常生活を過ごすことに少し疑問を持っています。なぜ、そのように思うのかをこの記事ではお伝えしていこうと思います。以下をご覧ください・

 

1、痛み止めが無いと生活できないと薬物依存になる

よほどのことがない限り、常時お薬を使うのはあまり良くないでしょう。ドクターも不必要な薬物の服用に反対の方は多くいらっしゃいます。胃などにも負担をかけることが多くなるのでなおさらです。

 

2、痛みを感じない事で無理をしている

痛みを感じることで人間は無理な体勢をとらなくなるので痛みは正常な反応です。

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP