高槻で整体なら「高槻整骨院」

「東京グール」知ってますか?今週公開された映画です。内容は化け物が身を潜めた人間社会に溶け込もうとする姿とそれを許さない国家権力、ゾンビやバンパイヤ物を沢山みてるので描写は物足りない人が多いのでは、ただそれをも超えるストーの深さ、欲望をどうするか、考えさせられます。善悪の解釈が立場が変わる事で簡単に着けれないという事、広げて考えると面白いです。たとえば整形外科医と患者さん、症状に対しての解釈の違いって多いのでは、骨折してる、してないから始まりしてないです、ではシップをどうぞになりがち、ところが折れてないけど無茶苦茶痛いのにシップだけ?、、そんな経験談をホントよく聞くわけです、事実がありとらえ方で大きく対立してしまうのです。世の中は線引きすることがどれだけの相違を生んでいるかがうかがえるようです。医者の立場と患者さんの立場お互いの理解が痛みをとり身体を健康に保つ大きなカギになっているのに中々両者の思惑が伝わらずかつ両者の思惑を考えないでいる事があるので、誤解が生まれいつまでも痛い痛いと嘆きあげくどうした治るの?になり放っておく方も多くおられます。それぞれの背景を考えての次につなげると痛みの改善もうまれますね

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP