高槻で整体なら「高槻整骨院」

皆さん、こんにちは高槻整骨院です! 寒さが強くなってきましたが、皆さん体調は崩されておりませんか?

今回は、筋肉がつる原因についてお話していきます。当院を利用している方の中にも夜寝ている時に脚がつったなどといった声をよく聞きます。つった時なかなか痛いですよね。では、何故、筋肉がつってしまうのでしょう?

まずは、筋肉がつってしまう主な原因は1「筋肉の疲労」スポーツなどのオーバーワークによるもの、2「脱水状態」多量の発汗、下痢など、3「ミネラル不足」カルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウムの不足、4「筋肉への血流低下」冷え、などが挙げられます。

皆さんの中で最近ではよく夜中に脚がつったという方が多いのですが、この原因が冷えになることが多いです。寝ている最中に足元が冷えてしまって血流が悪くなってしまいつってしまうのです。この対策は、足元を冷やさないようにふくらはぎを温めてあげる事になります。後は、寝る前に簡単なふくらはぎのストレッチをしてあげると血流が良くなりますのでお勧めです。

仕事中やスポーツをしている時につってしまう原因は、筋肉疲労、脱水状態、ミネラル不足が挙げられます。筋肉疲労に関してはスポーツをする前後にしっかりとストレッチをしてあげて筋肉に血液をしっかり流して、栄養などを筋肉に届けやすくしましょう。

ミネラル不足は日々の食生活のも影響します。大豆、海藻類、果物、乳製品など幅広く食事をとるようにすると栄養素も体内に取り込みやすいです。

当院では、筋肉の血流が流れやすくなるように施術もさせていただいていますので、足の違和感、痛みなど感じましたら高槻整骨院にご相談ください。

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP