高槻で整体なら「高槻整骨院」

皆さん、こんにちは! 雨の一週間が終わったと思えば、また暑い日になりましたね。クーラーなどの温度変化には気を付けて下さいね。

今回は膝の痛みの原因についてお話していきますね。まず膝の痛みの原因は関節の外側に起因する痛みと関節の内側に起因する痛みに分けられます。外側というのは、簡単にいうと筋肉系統の痛みです。活動や負荷が自分の筋肉を上回った場合に起こると考えられています。内側は軟骨、半月板、靭帯などが原因で生じる痛みです。膝の痛みを訴えている方のほとんどがこの外側の原因と言われています。では外側の原因の場合どうすればよいか、関節の外側に痛みは筋肉系統からの痛みなので、これはご自身でも解決できることが多いです。まずは、大腿四頭筋(太ももの前側の筋肉)を鍛える。次に膝蓋骨(お皿)を良く動かす事です。大腿四頭筋は膝関節を伸ばす役割です。膝蓋骨は大腿四頭筋の働きを助けるのに大切な役割を果たします。膝蓋骨の周囲は特に負担がかかりやすく、痛みが出ることが多いです。その痛みのためにさらに筋力が低下する悪循環を引き起こしますし、膝蓋骨が固くなると膝の動きがスムーズにいかなくなるので、よくストレッチすることが大切です。当院でもたくさんの膝の痛みを訴えている人がおられますが筋肉のバランスを取っていくと動きが良くなっている人がたくさんおられます。皆さんも膝の違和感などありましたらご相談ください。

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP