高槻で整体なら「高槻整骨院」

今日は膝の痛みについて少しお話をしていこうかと思います。膝の痛み。この言葉を聞いて皆さんはどのような年齢層の方がどのような原因でなられると思いますか?・・・おそらくはご高齢の方々がなられてしまい、その原因としては関節内部の軟骨や半月板などがすり減ってしまって、というものを想像された方が多かったのではないでしょうか。確かにそういった方も少なくはありません。しかし実は最近はそういった方々ばかりではなく非常に幅広い年齢層の方が膝の痛みを感じて来院されます。それこそ働き盛りの30代の方や40代の方。中には10代20代のかたでもおられます。そしてもちろんそういった若年層や青壮年層、中高年層の方々でも関節の中に問題があって痛みを生じているケースもありますが、実は膝の痛みの原因が関節の外にあるケースも多く見られるのです。膝が痛いのに関節の外に原因・・・?と不思議に思われた方もおられるでしょう。ではもし膝の痛みが関節の中に無い場合、その原因とは一体どこにあるのでしょうか?

それは太ももの筋肉によるものが実は多いのです。ふとももの筋肉は骨盤から始まり膝を覆うように存在するものがあり、そしてそれらは非常に強力な筋肉でもありそれらの筋肉が固まってしまうと関節を強く引っ張ってしまい過度に負荷がかかり階段の上り下りの時や立ち座りの時、自転車を漕ぐときなどに痛みになってしまうこともあるのです。

これらを防ぐにはやはり普段からのメンテナンスをしていく必要性がありあます。痛みが全くない状態で予防していきたいのであればまずは足の筋力を増やすとトレーニングを行っていくと良いでしょう。しかしすでに痛みを発症している場合でしたら、トレーニングを急に行うとむしろさらに痛めてしまう可能性が高いです。そこでまずは硬くなってしまった筋肉の柔軟性を高めるストレッチを行う事をオススメします。しかしそこまで硬くなった筋肉をストレッチのみで柔らかくするのは少し難しいかとも思われます。ですのでそんな時はぜひ一度当院へお越しください。膝の痛みで悩まれていた方も多くの方が楽になったと喜んでいただいております。ひとりで悩まず

まずはお気軽にご相談くださいね。

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP