高槻で整体なら「高槻整骨院」

皆さん、こんにちは! 日中の暑さが牙を向いてきましたね。水分補給はしっかりとされていますか? 一度にガバガバと飲んでいませんか? 一度に多く飲み過ぎてしまうとむくみなどの原因になってしまいます。

今回はそんなむくみに関して、足のむくみについてお話していきますね。まず、足のむくみをはじめ、むくみに伴う足の疲労感、だるさ、重さ、痛みなどの症状は、一時的な疲労と軽視されがちですが「静脈還流障害」の初期症状による場合があります。下肢の血液は、重力に逆らって心臓に向かって流れていきます。これを静脈還流と言います。その血流を助けるために静脈には逆流を防いでくれる弁が備わっています。さらに足の筋肉による筋ポンプ作用にとって血流が促されています。しかし、立ったままや座ったままの姿勢が長く続くと、足の筋ポンプの機能が低下し、心臓に向かって流れる血液が停滞します。下肢で静脈還流が滞ると、下肢静脈内の圧力が上昇し、血管に炎症が起こり、血管内から血管外へ血液の血漿成分が浸み出て、細胞外に水分が貯留します。これが下肢のむくみの原因です。これが慢性化してしまうと、静脈の弁機能の低下も加わり、病態がさらに進行することがあります。長時間放置してしまうと、静脈瘤や色素沈着、皮膚潰瘍などになり、日常生活に支障をきたすこともあるため、早めの対処が肝心です。むくみとおもって甘く見ないようにしましょう。

むくみなどの違和感を感じましたらいつでもご相談ください。

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP