高槻で整体なら「高槻整骨院」

皆さんこんにちは。1月も終わりに近づき、節分の季節がやってきましたね。まだまだ寒さには油断できないので身体のケアはしっかりとしていきましょう。

今日は足を捻って痛めてしまった時の対処法についてお話していきます。起こりやすいタイミングはスポーツ中、または階段の昇り降りや歩行時でも起こりやすいです。足を踏み外した時など内側に捻って外側に痛みが生じることが多いです。損傷する靭帯は前踵腓靭帯が多く外くるぶしの下を押さえると痛みが誘発されます。もし足を捻って痛みがある場合は、まず冷やすことが大切です。極力無理に動かすことや、熱いお風呂にはいるのは避けましょう。急性期は炎症を起こしていることが多いので温めると状態が悪化しやすいです。

特に年末からこの季節にかけて多いのは足関節周囲の筋肉や軟部組織が外の寒さが原因で伸び縮みしにくい状態になり急な動作で痛めてしまうものと、忘年会、新年会の後などお酒の影響で足元が安定していない時に捻って痛めてしまうことが多いです。足の痛みは日常生活やお仕事にも大きく影響することもありますので気を付けましょう。身体の状態を維持するのには日々のメンテナンスが大切です。しっかりケアしていきましょう。

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP