高槻で整体なら「高槻整骨院」

皆さんこんにちは。今日も雨が降りと天気が落ち着かないですね。こんな日は自分で少しでも体を動かして、体温が低下しないように気を付けましょう。

今日は先ほど来られていた利用者さんのお話です。三連休中は肘の痛みを感じることなく楽しく過ごされていたそうです。この方をKさんとしましょう。Kさんはお仕事で調理をされていて絶えず下を向いて作業されているのですが、事故に遭い手術で左肘に関節を固定するためのボルトを入れているので、動きに制限があります。それが故に。左の肩まで気がつけば可動域が小さくなり痛みも伴い動かせなくなっています。そんな状況でも仕事を続けないといけないので、溜まらず施術を受けに来られました。施術をうけて今日で18回目になります。期間で3カ月になりました。少しずつ筋肉の弛緩も見られ、動く範囲は大きくなりました。しかし、この雨と湿度の関係で体が少し膨張しますので、手術の場所がうずき、痛みが出るようになりました。昔から、『古傷が冷えると痛む』という言葉があります。これは冷えだけではなく、湿度でも出ます。神経の痛みが強くなる人もいます。

こんな時こそ、体温の低下を防ぎ、家では適度に身体を動かして欲しい物です。自分で何もできなければ足を運んでください。

高槻で整体なら「高槻整骨院」 PAGETOP